Dental Invisaline

【需要が高まっている治療法】インビザラインの特徴をリサーチ

自由に取り外しができる

食事や歯磨きも快適

笑顔の女性

名古屋駅付近でも矯正治療を提供している歯科はいくつかありますが、最近はインビザラインによる矯正治療が人気となっています。
名古屋駅でインビザラインが人気の理由としては、まずは目立たずに矯正ができるということがあげられます。
矯正装置はワイヤーなどの装置が目立つのがデメリットですが、インビザラインは透明のマウスピースを利用しますので、近くで人に接しているときも気づかれる心配はほとんどありません。
さらに名古屋駅付近でインビザラインの人気が高まっている理由としては自由に取り外しができるということがあげられます。
通常のワイヤー矯正の場合は、装置は一度取り付けると長く装着しなくてはならず、勝手に取り外すことはできません。
そのために痛みを強く感じたり、食事がしづらい、歯磨きなどのお手入れがしづらいという問題もありましたが、インビザラインは食事や歯磨きの際は取り外すことができますので、食事もいつもと同じように楽しむことができますし、歯磨きもしやすいので、矯正治療中に虫歯や歯周病になってしまうというリスクを防ぐことができます。
マウスピースは治療が進むごとに新しいものに変えていく必要がありますが、インビザラインは最初にすべてのマウスピースを作成しますので、何回も作り直す手間もなく、歯科医院に通う回数も少なく抑えることができます。
まだ新しい治療ということもあり、対応していない歯科医院もありますので、まずは名古屋駅付近でインビザライン治療を得意としている歯科医院を探しましょう。

歯を動かしやすくする

インビザライン

インビザラインはマウスピースを用いた歯の矯正ですが、マウスピース以外にアタッチメントと呼ばれる補助的な部品を使います。
名古屋駅エリアの歯科医院でも、ほとんどの方がアタッチメントを装着しています。
アタッチメントは樹脂でできた小さな突起のような部品で、マウスピースを被せる前に、歯の表面にくっつけます。
アタッチメントの形状や大きさを調節することで、一本一本の歯にかかる力を微妙にコントロールし、より早く正確な矯正ができるようになります。
一般にインビザラインで矯正するときは、名古屋駅エリアの歯科医院からシミュレーションの結果を転送し、アメリカでマウスピースを作成すると同時にアタッチメントの形や個数を決めています。
インビザラインのアタッチメントは歯と同じ色をしているので、ほとんど目立つことはありません。
ただし前歯に多数装着していると、正面から見れば分かることがあります。
またアタッチメントをつけると、通常よりも強い痛みや圧迫感を覚える方もいます。
すぐに慣れることが多いものの、どうしても不快なときは歯科医師に相談してみましょう。
名古屋駅エリアのインビザライン専門歯科医院では、アタッチメントの数を減らせる場合もあります。
なおマウスピースを外して食事や歯磨きをしていると、まれにアタッチメントが取れてしまうことがあります。
その際には名古屋駅エリアのクリニックで、アタッチメントを再装着する必要があります。

自己管理をしっかりと

口元

透明なマウスピースを装着するインビザラインは、目立たない歯列矯正として名古屋駅エリアでも人気を集めています。
従来の矯正装置は歯科医師が付けたり外したりしますが、インビザラインのマウスピースは自分で取り外せます。
ただし外したままにしておくと、予定どおりの矯正は不可能です。
1日に少なくとも20時間はマウスピースを装着している必要があります。
一般に食事のときには取り外しますが、再び装着するときは歯をよく磨かないと、食べかすが付着して虫歯の原因になるので注意してください。
歯科医院にもよりますが、名古屋駅エリアではインビザラインの料金は、従来の歯列矯正より高めになっています。
これはアメリカにデータを送り、マウスピースを作成するという手間も関係しています。
そのため診察を受けてから治療を始めるまでには、少し時間がかかります。
しかし歯列矯正は長い時間がかかるため、トータルでは大きな問題にならないと考えられます。
重症の歯周病や虫歯の方は、インビザラインに限らず、矯正治療を受けられません。
矯正の前に、こうした症状を治療しておくことが大切です。
また名古屋駅エリアでは、矯正のために歯を抜いたり削ったりすることがあります。
健康な歯を削るのは抵抗があるかもしれませんが、歯並びとどちらを優先させるかの問題です。
名古屋駅エリアにはインビザラインの経験豊富な歯科医師が多いので、いろいろな意見を聞いて自分で判断してください。